舗装工事で環境を整える|原状復帰を知って賃貸店舗マスターになろう

男女

火災設備関連を整える

作業員

火災の際に役に立つのがスプリンクラーなどの消火装置です。火災設備などは素人が簡単に設置できるものではないため、専門の業者に連絡してから設置して貰う必要があります。

詳細を確認する

設置は業者に依頼する

作業員三人

スプリンクラーを新たに設備する場合、水の通り道、つまり配管が必要です。したがって、DIYでは限界があります。最初からスプリンクラー設備を得意としている業者を探して依頼するのが一番良いのです。

詳細を確認する

賃貸物件の原状復帰

株式会社ヨコソー

大規模修繕を検討しているのであればココをチェックしておきませんか?信頼と実績があるので安心してお任せできます。

男性作業員

原状復帰にかかる費用

賃貸物件から退去する際には、その物件を借りた時の状態に戻しておくことが必要です。これを原状復帰というのですが、借り手がおこなわなかった場合には、貸し手がおこなうことになります。そしてその費用は、借り手に請求されることになります。費用を支払うことになるのなら、安く請け負ってくれる業者を探して自分で依頼したいと考える人は多いです。料金は、どの部分にどのくらいの修繕をおこなうかによって、異なります。特に多いのは、壁のクロスやクッションフロアの張替えです。1平米あたりの単価は、クロスなら約800円、クッションフロアなら約2千円となります。また、こういったリフォームだけでなく汚れを除去するクリーニングも依頼することができます。その場合の料金は、1部屋につき約1〜2万円です。

貸し手と借り手とのトラブルを防ぐために

貸し手が原状復帰をおこなう場合には、修繕する部分を貸し手が決めることになります。そしてその費用を、先述したように借り手が支払うことになるわけです。借り手の中には、必要性のないところまで自分の費用負担でリフォーム工事をおこなわれたとして、不満を抱く人もいます。そしてそういった借り手と貸し手との間でのトラブルも、多く発生しています。そのため1998年に国土交通省は、原状復帰に関するガイドラインを発表しました。原状復帰において、借り手が責任を負うべき部分について、明らかにしたのです。これにより、貸し手と借り手との間の原状復帰に関するトラブルは、少なくなってきました。また、安く原状復帰をする業者が増えてきたことで、一層トラブルは発生しにくくなっています。とくに、店舗として借りている物件などの場合はリフォームなどを行なっている事も多いのでしっかりと原状復帰を行なう必要があります。店舗前の舗装工事なども行なっておくとトラブルは少なくて済む可能性もあるので、出来る限り行なっていきましょう。

ネットの利用

雷

エレベーターメンテナンスはとても重要なことであり、万が一の事故が起きた場合、取り返しの付かないこととなります。インターネットを利用することで、業者の評価などを見ることができるため、利用の前に調べておきましょう。

詳細を確認する

Copyright© 2015 舗装工事で環境を整える|原状復帰を知って賃貸店舗マスターになろう All Rights Reserved.