舗装工事で環境を整える|原状復帰を知って賃貸店舗マスターになろう

女性作業員

設置は業者に依頼する

作業員三人

設置する人が増えてきました

法律でスプリンクラー設置が義務付けられていない小規模住宅でもスプリンクラーを設置しているところがあります。目的は、消火、防塵、消雪など様々です。なぜ、普通の住宅でスプリンクラーを設備するのかといえば、費用対効果が高いからです。火災の場合は、スプリンクラーで初期消火が出来れば、家財を失わずに済みます。庭に設置して定期的に散布すれば土埃が室内に入ってくることも防げます。結果、掃除の回数も減らせます。スプリンクラーとはとても便利なのです。ただ、水を使う以上は水道料金が若干掛かってしまうのが難点です。学校などでは水道水を散布せずにプールの古水を使って、水道料金の問題を解決しています。しかし、一般住宅ではそうはいきません。

疑問点を解決してから契約して下さい

スプリンクラーを設置する場合、様々な分野の知識と技術が必要になります。例えば、配管を地下に埋没する野外設備。室内に配管を巡らせる室内設備。これらの場合でも費用は異なります。必ず、数社から見積もりをとって比較検討して下さい。普段からお付き合いのある業者があるならば、そこにお願いするのは構いません。しかし、実際に見積もりを取ると分かると思いますが、業者間でかなりの費用差が生じます。この差が何なのか、よく説明を聞く必要があります。費用が高いからといってボッタクリなどと決めつけないで下さい。より丁寧な仕事をすることで費用が割高になっているだけなのかもしれません。ですから、確認をしてからスプリンクラーの設置を進めるようにしておくことが大きな安全に繋がります。

Copyright© 2015 舗装工事で環境を整える|原状復帰を知って賃貸店舗マスターになろう All Rights Reserved.